• ホーム
  • シアリスは排尿障害にも良い?

シアリスは排尿障害にも良い?

元気を出す男性

シアリスはタダラフィルを有効成分にしたPDE5阻害薬と呼ばれるED治療の飲み薬で、日本では厚生労働省による認可を受けて泌尿器科や専門クリニックで処方されています。
男性器の周辺の血管を拡張する働きがあり、血流を良くすることで海綿体への血液の増進が良くなるほか、勃起の障害となるPDE5と呼ばれる酵素を阻害することで勃起力を維持する働きを持ちます。
シアリスを服用したからといって突然勃起するというものではありませんが、外部からの性的な刺激や興奮を覚えることで、自然な勃起ができるようになるのがシアリスの効果となります。
服用してから最大で36時間は効果が持続すること、試験結果によって前立腺や尿道の血行が良くなることで、前立腺肥大症に伴う排尿障害にも効果があることが認められ、日本ではザルティアと呼ばれる商品名で販売されています。
用法用量は異なり、ED治療薬の場合はタダラフィル錠を10mgまたは20mgを使用するのに対し、ザルティアは前立腺肥大症に対してタダラフィル錠を5mgで服用します。
使用している成分は同じで、作用機序も変わらないため、服用すればどちらにも効果が期待できるようになっています。
当然ながら5mgを服用したからといって勃起障害が良くなるとは言えませんが、逆にED治療薬として服用すると、前立腺肥大症に伴う排尿障害にも対応できるというものです。
ただし、適応症としては認められておらず、シアリスはED治療、ザルティアは前立腺肥大症の治療薬となっている点には注意が必要です。
効果は確実というわけではありませんが、排尿障害に対して効果があるのは間違いないようです。
また、健康保険が適用されるのはザルティアの方で、シアリスでは保険適用外の自己負担となる点も理解しておきましょう。

関連記事